歯の治療をする歯科医

歯肉炎とは歯茎が炎症を起こしている状態をいいます。
これに対し、歯周病は歯と歯茎の間に汚れがたまることにより、歯周病菌が付着し、歯を支える歯周組織にまで病変が及んでいく状態をいいます。
歯肉炎は歯周病の初期段階といわれているので、両者の治療の基本は同じです。

まず、歯科医院で行うのが歯周組織基本検査です。
これは歯と歯茎の間の歯周ポケットの深さや歯の動揺度などを診ます。
健康な人の場合、歯周ポケットは1ミリから2ミリです。
3ミリが軽度の歯周病、4~5ミリが中等度、6ミリ以上が重度です。

歯周組織基本検査で確認をした後は、スケーリングとよばれる歯石除去を行います。
歯石とは歯垢が石灰化したもので、歯磨きでは落とせません。
実は歯周ポケットに歯垢がたまると、そこから病気は進み、歯茎がぶよぶよして膿を持つ状態になったり、出血がひどくなったりします。
スケーリングではスケーラーと呼ばれる専用の道具を用います。
歯と歯茎の間にスケーラーを入れ、掻き出します。

その後、歯磨きの指導を行います。
スケーリングによってきれいにされた状態を保つにはブラッシングが欠かせません。
歯周病の場合のブラッシングは歯をきれいに保つだけでなく、歯茎のマッサージも含みます。
歯茎のマッサージを行うことで血流がよくなり、歯茎がひきしまってきます。
これによって歯周ポケットの深さが改善するケースがあります。

基本検査でのチェック、ブラッシング、スケーリングで改善し、自然治癒する人もいますが、気づいて歯科医院にかかったときには、かなり悪化していたという場合の治療はなかなか大変です。
歯周外科手術というのを行います。
代表的なものがフラップ手術で、スケーリングだけでは歯垢や歯石を取り切れないときに歯茎を切開して取り除く手術です。
このような手術を要するケースでは抗生物質などの投薬が行われます。

さらに深刻な悪化した状態になると歯槽骨の移植があります。
歯周病菌が歯周組織に入ると歯槽骨という骨まで溶かしてしまいます。
こうなってしまうと歯を支えきれず、歯そのものは虫歯にも何にもなっていないのにポロっと歯が抜けてしまうことがあります。

そのほかの治療としては、歯のぐらぐらを抑え、歯が抜けないようにする処置もあります。
また、塗り薬を歯周ポケット部分に塗り、炎症を鎮める治療もあります。

ただ、先に述べたように、初期や中等度の段階であれば、歯周病は自分自身のメンテナンスで自然治癒とまでいかなくてもかなりの改善を見込めます。
深刻化しないように定期的に歯科医院でのチェックを受けることや自分自身でできるブラッシング、デンタルフロスを使ってのクリーニングなど日ごろからの心掛けが大切です。