歯列矯正を行っている人の中には、歯の痛みを訴えるケースもあります。
歯並びを外部からの力を加えることによって少しずつ動かしていくというのが歯列矯正の仕組みであり、歯が自然な状態とは異なる状況となっているので、痛みの発生についてはある程度仕方のないことであるとも考えられます。
時間が経過すると次第に痛みが弱まっていくことが多いために、そのまま我慢をしているという人もいますが、我慢できないようなズキズキとした痛みを感じ、それが長い時間継続しているようであれば、痛み止めを服用することによって痛みを軽減するという方法が良いでしょう。
炎症を抑えるためには、薬の服用以外にも患部を冷却するという方法もありますが、効果の現れやすさという観点では痛み止めの服用のほうが優れていると言えます。

歯列矯正の場合の痛みは、虫歯のように神経が菌におかされて痛むというものとは異なり、外部からの刺激や圧力によって部分的に炎症が発生しているという状況となっています。
そのために、痛み止めを服用することによって軽減させることのし易い痛みでもあります。
一般的な歯痛であれば、神経の部分が細菌におかされているために根本的な治療を行わなければなりませんが、歯列矯正に伴う痛みの場合には一時的に発生するというケースも多いため、痛み止めを服用して様子を見ることが良いでしょう。

痛み止め薬には代表的な解熱鎮痛薬として有名である「ロキソニン」や「ボルタレン」があります。
ロキソニンに関してはスイッチOTCとして市販されるようになっていることもあり、薬局で手軽に購入することが可能です。
ロキソニンは市販されている痛み止めとしては最も効果のある薬で、服用後しばらくすると感じていた痛みが軽減していくという即効性という点からも信頼されている薬です。
即効性がロキソニンであるのなら、効果の強さに関してはボルタレンに軍配が上がります。
ボルタレンに関しては医師の処方無しで薬局で購入することができないという制約がありますが、効きの強さにおいては優秀で、現時点での痛み止め薬の中では最上位級とも言える効果が得られます。

食事の前、リラックスタイム、仕事中、就寝時など、歯列矯正時には時や場所に関係なく痛みが発生してしまうということが多いものです。
痛みが続いている状況を解消するためには、効きの早いロキソニンや、効果の強いボルタレンの服用がベストです。
痛みを我慢して辛い時間を長く過ごすことは大変です。
痛み止めの服用することによって、辛い痛みから解放されます。