交通事故などが原因で歯を失った場合には代わりの歯を取り付けて噛み合わせを回復させる必要があります。
このようなケースにおいてもインプラント治療を適用することができます。
顎の骨に人工の歯根を埋め込んで結合させることから安定感を得ることができます。

交通事故で歯を失った場合、歯が抜けるというよりは歯の途中から折れてしまうことが多く、まずは歯茎に残っている折れた歯の根っこを取り除く治療が必要となります。
この抜歯作業を行った後に人工の歯根を埋め込みます。
これまでであれば抜歯をした後、抜いた後の穴が治癒するまで埋め込むことができなかったのですが、インプラントの治療技術が進歩したことによって、抜歯したその日のうちに埋め込みをすることが可能となりました。
この方法を抜歯即時埋入と言います。

インプラント治療において抜歯即時埋入の技術が確立されたことのメリットとしてまず患者に対する負担が小さくなることが挙げられます。
抜歯する治療と人工の歯根を埋め込む治療を同時に行うことができるので単純に外科的な処置の回数が減ります。
それは治療期間の短縮にもつながります。
また、抜歯をしたあとすぐの状態は傷からの回復力が高い期間でもあるので、治癒までの期間も短くなります。

また、抜歯すると時間の経過とともに歯茎の状態が変化しますが、すぐに人工の歯根を埋め込むことができるので人工歯を取り付けても自然な感じを維持することができます。
つまり、噛み心地だけでなく、見た目において違和感がないことが魅力的です。

通常であればインプラント治療は保険適用とはならない治療方法であり治療費は全額自己負担となります。
しかしながら理由が交通事故であれば保険適用となる可能性もあります。
そのためにはいくつかの条件があります。
特に顎の骨の状態に関するものが多くなっています。
また、指定された医療機関において受診することも条件です。
負担される金額についても実際の治療費のみとなっています。

交通事故が原因で歯を失った場合、口腔内に虫歯や歯周病などのトラブルがなければインプラントは効果的な方法です。
適切なメンテナンスを受け続ける必要がありますが、口腔内にトラブルがなければ治療開始までの流れもスムーズです。
また、埋め込んだインプラントを長い期間使い続けるために口腔内のメンテナンスを行いますが、それは同時に虫歯や歯周病の発生を防ぐことにもつながり、口腔内の健康を維持することができます。